ブンデスリーガ

【2019年版】ドルトムントの試合を現地観戦する方法!チケット入手の方法は?

この記事は「ドルトムントの試合を現地で観戦する方法を知りたい!」とお悩みの方に向けて書いています。

特に「海外サッカーの観戦経験が少ない方」にとって必読の内容になっています。

海外サッカーを観戦するとなると、国内と違って飛行機の手配や、言語の通じない場所での宿泊先の手配など事前の準備が非常に多く大変ですよね。

慣れていないと、目当てのチケット1つ購入するのも一苦労かと思います。

私も初めてドルトムントの試合を見に行く時は、非常に苦労した記憶しかないです(笑)

そこでこの記事では「海外サッカー観戦までの流れが知りたい」という悩み・問題を徹底解説していきます。

具体的な重要ポイントとして

  • 安全な転売サイトで購入する(日本人向け)
  • 格安で航空チケットを手に入れる
  • 快適な宿泊先を用意する

があるので、順番に解説していきます。

この記事を読むと、ドルトムントでサッカー観戦する方法について劇的な改善がされる可能性が高いので、必要なところだけでも読んでみてください。

観戦チケットを安全な転売サイトで購入する

これは当たり前の話ですが、ドルトムントの試合観戦する為にはチケットを入手する必要が有ります。

周知の通り「ボルシア・ドルトムントは超絶大人気チーム」です。

なのでチケットは、基本的に毎試合ほぼ売り切れるのが日常茶飯事で、日本人観光客が気軽にチケットを入手できない…
という事実を大前提として理解しておくのが重要になります。

サッカー観戦のチケットにとどまらず、人気のチケットを手に入れるためには、それなりの覚悟が必要だと言われています。(特にジャニーズ、AKBなどのアイドル追っかけは人生を賭けてチケットを取りに行きますよね。同等の覚悟が必要だと考えておくのがいいかも笑)

狙い目として、下位チームとの対戦チケットであったり、リーグ戦では無いチケットだと入手しやすい傾向にあるのでそちらを狙うといいかと思います。

リーグ戦の熱い試合ですと、それこそチケットの入手に向けて圧倒的な努力を要求されます。

そうなるとチケット入手がしやすい現地の方が全部買い占めてしまいますので、購入は困難を極めると思います。

具体的なチケット入手方法

日本人の方であれば、圧倒的にViagogoがオススメです!!

おすすめサイト:Viagogoでドルトムントのチケットを見る

ドイツ語が分かる方であれば、ドルトムントの”公式Webページ”でチケットを購入するのが最も理想的です。

公式サイト:BVB-TicketShop | Bundesliga

ただし、ドルトムント公式WEBページでは日本語サイトだとチケットの購入ページにいくことができません。

私も日本語しかわからないので、公式からの購入は断念しました。(もしかしたら日本からは購入が不可能な可能性もあります)

そもそもチケット販売の状況は毎試合ごとに全然違います。

なので公式サイトで随時確認して対応して購入するにしても基本は「年間指定席やファンクラブ向けスタートダッシュ販売」で最初からほぼ売り切れている事が多く、望みはかなり薄い状況です。

そこでドルトムント公式サイトは、あくまで様子見程度に利用しながら、「日本人向けの公式転売サイト」を利用することをオススメしています。

それが冒頭でもオススメした「Viagogo」です!

こちらのサイトでチケットを購入することで4つのメリットがあります。

  • 日本語が通じる(最大のメリット)
  • 会社の保証がしっかりしていて安心
  • オリジナル購入の価格を下回ることもよくある
  • 世界最大の流通マーケットでチケットが手に入りやすい

上記がオススメの理由です。

Viagogoでドルトムントのチケットを見る

「Viagogo(ビアゴーゴー)」の使い方

 

Viagogoトップページ参考

最初にViagogoのトップページを表示させてください。

1.「ドルトムント サッカー」などと検索し試合選択ページへ行く

Viagogo解説画像

※ドルトムントの試合はいつも人気なので1分~2分ほどチケットの在庫確認が入ります。

2.観戦人数の枚数を決める

Viagogo解説画像②

3.座席を決める

Viagogo解説画像③

4.試合・チケット枚数・料金などを確認しチェックアウト

Viagogo解説画像④

5.お客様の詳細情報を入力する

ビアゴーゴー解説画像

※上記の様にすべて緑マークが付くように入力して下さい。

6.配送方法を確認する

ビアゴーゴー解説画像⑤

※チケットを受け取る際に確認される名前なので間違えないように

7.お支払い方法を選択する

ビアゴーゴー解説画像⑥

8.ご注文最終確認

9.チケット購入手続き完了

駆け足での解説になりましたが、これがザックリとした流れとなっています。

購入する際は、常に「チケット売り切れ」がサイト上部にあり、焦らせてきますがマイペースに入力して問題ないです。

時間切れになってもチケットは買えますから安心してくださいね。

スタジアム(ドルトムント本拠地:ジグナル・イドゥナ・パルク)までの行き方

チケットを入手し飛行機に乗るまでが、現地到達ではありません。
空港についてからの動きについても、事前に考えておく必要があります。

ドルトムントの本拠地への基本的な向かい方としては、ドルトムント中央駅(Dortmund Hbf )から、地下鉄(U-Bahn)もしくは鉄道(DB)でアクセスするのが一般的かなと思います。

ただし、まずは荷物を置きにホテルへ向かいますよね。

空港からの交通手段は電車、バス、タクシー、レンタカーなど豊富にあります。

当日の試合チケットを持っている場合は、
一定区間からスタジアムまでの電車料金が往復無料となります。

一定区間をあらかじめリサーチして、無駄な電車賃は払わないようにお得な立ち回りをしましょう。

無料となる範囲は、わりと複雑でして、たとえばデュッセルドルフ中央駅は範囲内ですが、ケルン中央駅は範囲外ですね。

当日に混乱しないように、事前にしっかりとリサーチしてくださいね。

ちなみに空港から駅までは約1.4キロで、地下鉄までは約1キロくらいですので、荷物が多い人は空港からタクシーを利用し最寄り駅に運んで貰うのが良いかと思います。

空港タクシー(Airport Taxi)乗り場は到着ロビーの外に2ヶ所あります。

日本のタクシーと違い、ドイツのタクシーのドアは自動ではないので、自分で開閉します。

乗る場所は自由ですが、自分一人で乗る場合たいていは助手席に座るのが一般的です。

勝手が違うと慌てやすくなりますので、事前に心構えしておきましょう。

スタジアムの行き方はホテルに荷物を置き、いざドルトムントスタジアムに向かう所から解説していきます。

後ほど解説しますが、当サイトではデュッセルドルフ街にホテルを予約することをオススメしているので、ここではその方向性で話を進めていきます。

地下鉄を使ってドルトムントスタジアムに向かう方法

Stadionring

スタジアムの駅最寄りはシュタディオン駅(Stadion)です。

まずはドルトムント中央駅に向かって下さい。(街中であればタクシーやバスがあります)

約15分の乗車で到着し、駅からスタジアムまでは徒歩5分程度となります。

当日はグーグルマップを頼りにスタジアムに向かうと無事にたどり着けます。

シュタディオン駅には試合がある日のみ停車するようです。

試合当日は入場制限でホームに入れない人があふれています。

しかし電車の頻度を多くするなどの配慮もあり、見た目ほど待つ時間は短く、わりとすぐに乗車出来るので安心して下さい。

鉄道に比べ本数が多いので地下鉄(U-Bahn)を利用していくことをオススメします。

鉄道を使ってドルトムントスタジアムに向かう方法

Dortmund Signal Iduna Park, ドルトムント ドイツ

スタジアムの最寄り駅はジグナルイドゥナパルク駅(Signal Iduna Park)です。

まずはドルトムント中央駅に向かって下さい。(街中であればタクシーやバスがあります)

乗車時間は約5分で、駅からスタジアムまでの時間も徒歩5分程度となります。

鉄道は本数が少なく、常に満員です。

日本と違い、時間にルーズな側面のあるみたいで、時間よりも遅れてヤバイくらい満員になることも、珍しくはないそうです。

やはり地下鉄での移動が賢い選択になりそうですね!

格安でドイツ行きの航空チケットを手に入れる

ドイツへ向かう航空チケットは、海外航空券予約サイト「HIS」での購入をオススメします。

格安航空券をGETできるかどうかは、シーズンによって大きく変動します。

シーズンによっては、あまり格安に感じない値段でしか買うことができないので、その辺りも考慮して日程を組むとよりベストですね。

また、ドイツまでの所要時間は約12時間です。

行き先はフランクフルト、南ドイツのミュンヘン、デュッセルドルフ行の便があります。

このなかで一番ドルトムントに近い空港は「デュッセルドルフ空港」です。

デュッセルドルフは日本人街として有名です。

とても過ごしやすい町ですので、滞在拠点として選ぶのがベストだと思います。

旅中はデュッセルドルフに滞在し、サッカー観戦の時にドルトムントへ出かけるのがおすすめです。

HISでデュッセルドルフ空港行きの航空券を見る

おすすめの海外航空券予約サイト「HIS」の使い方

HISで航空券を買う方法

まずはHISのトップページを表示させてください。

大まかな流れですが、

1.目的地を入力する

2.フライト詳細を確認し、良ければ選択する

3.請求金額を確認し支払い方法を入力する

4.規約の書類が出てくるから確実に目を通す(特にキャンセルについて揉めやすいのでしっかり見ておこう)

5.規約をしっかり確認し、初めてご利用の方を押す(既に会員の方は「会員の方はこちらを押す」)

6.パスポート情報を入力(1字でも間違えていると乗車できないから注意しよう)

7.保険確認は基本「加入しない」にチェック(心配な人はチェック入れてもOK)

8.ワンコインクーポンが必要かどうかチェック(任意)

9.旅行代金の最終確認しクレジットカード等支払い情報を入力し「予約の詳細を確認する」を押す

10.「上記の内容で間違いないことを確認」にチェックを入れ「以上の内容で予約」を押して完了

流れはこんな感じです。

入力画面は非常にわかりやすいので、特につまずくポイントも無いかと思います。

格安で購入するコツは、予定日が決まり次第早めに購入することです。

早期購入すれば様々な割引が適用されて、チケットが安くなる可能性もグッと高まります。

めんどくさがらずに、できるだけ早めに予約しましょう。

オススメはサッカー観戦チケットと同時に購入することです。

後回しにすればするほど損してしまうし、購入までの腰も重くなりがちなので、めんどくさい事は同時に済ませましょう。

さらに航空チケット代を節約したい方は、渡航の3ヶ月前のサッカーチケットを購入し、3ヶ月前から航空チケットも予約してしまうとかなり安くなりますよ。

格安航空券を買う際に気をつけるべきこと

今の時代、格安航空券をあつかう旅行会社やインターネットのサイトは数多くあります。

その中から格安航空券を購入する際、これらを正規割引運賃のペックス(PEX)航空券やLCC正規航空券と比較検討するのが一般的です。

そうしてドイツに向かう際の希望料金と相談しながら、航空券を探していくことになります。

しかしそこで注意するべきは「コレは安いな!」と感じるという事はそれだけ「安さの裏に潜むリスク」もあるということを覚えておきましょう。

安い航空券の購入に関して考えうるリスクの例をあげます。
※もちろんすべてが当てはまるというわけではありません。

  • 規約上、予約の変更ができない
  • 乗継や経由が頻繁にある
  • 規約上払い戻しができない
  • 国際線の格安航空券は片道のみでは買えない

などが考えられます。

これは、旅行会社の店頭でも同じことが言えますが、特にウェブサイト上での購入の場合は、利用条件(規約の書類)にも必ず目を通しておくことをオススメします。

規約の紙は難しいことばっかりでいつも流し読みだよ」って方も、格安航空券を買う場合は、確認が必須だと断言します。

規約を見ていなかったばかりに、思わぬトラブルにつながることもあります。

その点ではHISは安心です。

  • 旅行先でも24時間日本語サポートをしてくれる
  • 日本人旅行者向けで分かりやすい
  • 海外だけでなく国内旅行も充実している

などのサポートもついており、選ぶならココしか無いと言っても過言では無いと思います。

HISで航空券を予約する

ドルトムント本拠地近くで快適な宿泊先を用意する

「ドルトムントの試合だけを見に行くぜ!!!」

と気合の入った人は極少数かと思います。

大概の方は、サッカー観戦と同時並行でドイツを楽しみたいと考えているはず。(かく言う私もそうです)

となると、泊まる場所は観光ができて、かつドルトムントのスタジアムまで近い立地が理想ですよね。

もっとワガママ言うなら、慣れない海外旅行で疲れがちな身体をしっかりと癒やしてくれる質の良い宿泊先があればベストですね。

そんなわがままなコスパを叶えてくれる、理想の宿探しなら是非「アゴダ(agoda)」というサイトがおすすめです。

あなたの理想を叶えてくれる素晴らしいホテル予約サービスです。

アゴダはシンガーポールを拠点とし、従業員数2000人以上の大企業規模で運営してる信頼できる会社です。
日本にも、東京や大阪など5箇所に拠点があるみたいです。

ホテル宿泊サービスって、ベンチャー企業が運営しているところも多く、従業員の手が回らなく質が下がりがちです。

たとえば「しっかりホテル予約したはずなのに、現地に着いたら実は手配ミスで予約が取れていなかった」などのトラブルが日常茶飯事です。

こんなトラブルが起きてしまったら、せっかくの旅行気分も台無しで最悪の思い出となってしまうことでしょう。

しかしアゴダはそういった心配は一切ありません。

困ったら日本語対応のカスタマーサポートも付いており、海外旅行初心者の不安を徹底的にサポートしてくれます。

私が思うアゴダの魅力は

  1. 日本語対応で海外初心者をサポートしてくれる
  2. 価格がかなり安い
  3. 大企業で安心できる

の3つです。

やはり宿泊先を決めるなら「アゴダ一択」だと思います。

アゴダ(agoda)で宿泊地を探す

アゴダでドルトムントの宿泊先を予約する方法

アゴタ解説画像

アゴタはとても使いやすく、初心者でも簡単に予約することができます。

手順についてですが、まずはアゴダ(agoda)のトップページを開いて下さい。

1.トップページの検索入力欄の「目的地・宿泊施設」「チェックイン・チェックアウト日」「宿泊人数」などの、必要な情報を入力しましょう。入力を終えたら『最安値を検索』をクリックしてください。

2.条件に合ったホテルが表示されるのでお好みのホテルを選んで下さい。(条件絞り込みでより自分に合ったホテルが出てきます)

アゴタ

ホテルを選ぶ際は特に「返金不可」と「キャンセル料金無料」をよく見ることをオススメします。万が一でもキャンセルする可能性があるなら絶対に「キャンセル料金無料」を選んで下さい。

このような表記の事です。

アゴタ解説

3.必要情報の入力・支払い方法を選択(今すぐ払う・あとで払う・現地支払い)

アゴタ解説

4.最終確認をして完了

という流れになります。

またアゴタで予約変更をする際は、一度予約自体を取り消して改めて予約し直す方法しかありません。

キャンセル不可のホテルを予約してしまうと、かなり損をするのでやはり「キャンセル無料」のホテルを選ぶと失敗の可能性がグンッと下がります。

そこさえ気をつければ、ホテル予約はアゴタで間違いないと思います!

アゴダ(agoda)で宿泊地を探す

【まとめ】ドルトムントの試合は現地で観戦すると熱くなれる!

  • 安全な転売サイトで購入する
  • 格安で航空チケットを手に入れる
  • 快適な宿泊先を用意する

に関して解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

旅先でのトラブルを極力減らし、楽しくサッカー観戦するためには事前の準備が非常に大切になってきます。

ドルトムントの試合はレベルが非常に高く、さらにスタジアムの熱気も圧巻です。
生で見ることによって、普段では得られない未知の興奮を体感することになるでしょう。

非日常的な素晴らしい体験を、つまらないトラブルで台無しにしてしまうのは凄く勿体無いです。

せっかくの思い出を汚さないためにも、しっかりと準備してから向かってくださいね。

サッカーを見るなら「DAZN」がおすすめ


海外サッカーを現地で観戦したい人は多いと思いますが、なかなか現地へ行くことは難しいと思います。

そこでおすすめなのが、DAZNです。

UEFAチャンピオンズリーグはもちろん、プレミアリーグやラ・リーガ、リーグアンなどの海外の主要リーグはもちろん、Jリーグも全試合生中継しています。

DAZN解説ページへDAZN公式サイトへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください